終物語(下)読了

Posted by on June 7, 2014 in Book

要約:
自分自身を受け入れる物語

枕詞

「ひたぎ」
「暦」
このあと滅茶苦茶セックスした.
……なんてことはなく.

感想

空の軌跡 the 3rd を思い出した.
阿良々木君と扇ちゃん,ケビン神父と影の王.
自分自身を批判し続けた阿良々木君,自分自身を罰し続けたケビン神父.
そして,自分自身を肯定することで新たな道が開かれる,と.

ハッピーエンドだと思う.気持ちいいくらいに.
阿良々木君に倣うなら「都合がよすぎる」結末と言える.
続・終物語では,是非この流れのまま気持ちよく完結させてもらいたい.

とりあえず,最終巻が出る前に花物語を読み直そうと思う.